結婚式ハイヒール

パーティーや結婚式に招待されているときに、素敵な結婚式ドレスは欠かせないものだと思います。ファションに合っている、目立つ格好をしたいとおもえば、流行っている最中のカラーと結婚式の主題を嵌め込めるのは無難です。

近年、結婚式ドレスのハイヒールまでこだわる女性ゲストも多くなってきます。 最近、かかとにベルトがあり、つま先が隠れる露出の少ないタイプのハイヒールは、結婚式向きとして売り出されている場合もあるそうです。

しかし、気を付けもらいたいのはハイヒールを買う時に結婚式にふさわしいかどうか迷ったら、ショップでの店員さんに聞いてもらって、確認してから購入するようにしましょう。

Posted in 花嫁のウエディングドレス | Leave a comment

イブニングドレスのヘアスタイル

宴会に参加する時、良い、きれいなイブニングドレスと出会うことができますが、キラキラしているアクセサリ、ハイヒールも素敵で、オケですけど、しかし、なかなかエレガントで、さいこうな雰囲気が演出できない場合もあるでしょう。一体、問題はどこにあるんですか。素敵なヘアスタイルがないかもしれないかなあ。ここで、イブニングドレスに相応しいヘアスタイル二種類を紹介したいと思います。

ひとつは、エレガントな女らしいふんわりのヘアスタイルです。これは動くごとにふわふわと揺れるカーリーヘアが、プリンセスのような愛らしさを演出します。カールは、ヘアアイロンできつめに巻いた髪を、空気を取り込みながらほぐしたものです。このようなヘアスタイルをして、気質のいい女になれます。

もうひとつは、ポンパドールプラス片よせのヘアスタイルです、これは前髪は高さを出して女王感をアップさせます。カールの作り方がポイントになります。洒落感が出るように心がけました。

Posted in 花嫁のウエディングドレス | Leave a comment

ウエディングドレスの試着の話題

みなさんは何着くらいウェディングドレスを試着しましたか?
先日5着試着して、もう気に入った物があり、決めてしまおうかと思います。
しかし、お店の方はもっと試着してもいいですし、みなさんは何着も着てから決めますっと言っていました。
もっと試着した方がいいですかね?
私は、色やラインのイメージが固まっていたので、迷いませんでした。
ウェディングドレス・カクテルドレス・色内掛、どれも5着くらいの試着で決まりましたよ。
「せっかくだから」と、まったく趣味じゃないデザインのものも着て、ダンナに記念撮影
してもらいました。

後悔しないのが一番なので、迷っているのであればもう少し試着したほうがいいかも
しれませんが、私の友人は、迷いすぎてギリギリ(挙式40日前?)まで決められず、
かなり焦ったそうです。
それでは困るので、今お気に入りのドレスを「軸」として、ほかも探すのはどうでしょう?

いいのを見つけてくださいね~(^^
私は1回の試着(確か5着くらい)で決めましたよ。
その時に一目惚れしたものがあったので!!しかも新作でした^^
行く前は「納得行かなかったら他のドレスショップも行ってみよう」と思っていましたが、
そのドレスを着たらそんな気持ちは無くなってしまいましたね〜。
こだわりはある方ですが、何もかもも完璧でした^^

その後、友人の結婚式などにも出てドレスを見て素敵とは思いますが、
私が着たドレス以上に「このドレス着たいー」ト言うものは見た事無いです。
それくらい気に入ってました。

質問者さんも、ピンと来たのならそれに決めてもいいと思いますよ?

Posted in 花嫁のウエディングドレス | Leave a comment

パステルカラーのイメージが一変

洗練されたシンプルで上品な王道ドレスと異なり、ジルスチュアートウエディングドレスは口コミでも「お姫様みたいにキュートでかわいい」「贅沢なレース使いとふんわりしたシルエット」と、ロマンティックなデザインが大人気。エンパイアドレスを中心に、ふんわりと広がるロマンティックでドレッシーなドレスは、洗練された王道ドレスにも、大胆な個性派ドレスにもない可憐さです。2012年4月21日に東京渋谷に旗艦店がオープンし、ウェディングドレスとカラードレス併せて4,50着を見ることができるようになりました。これからますますの盛りあがりが期待されます。

パステルカラーのイメージが一変!かわいすぎて一目ぼれ
ジルスチュアートはウェディングドレスもかわいいけど、カラードレスが最強です!私はジルらしいベビーピンクのカラードレスを選びました。ドレスの色や形もさることながら、ヘッドドレスがめちゃめちゃかわいくて一目ぼれ☆披露宴に来てくれた友達も『カラードレがすごい似合ってたし、かわいかったね~~』と大絶賛いただきました(*^^*)ヘヘパステルカラーは目立たないとか写真栄えしないと言われますが、全然そんなことないです。ピンクはピンクでも、子供っぽくならず大人っぽくおしゃれな色なので、30代のピンクも痛々しくなりません♪
フルオーダーのつもりがジルのドレスにメロメロ(笑)
ウェディングドレスはフルオーダーを考えていたのですが、とってもかわいいジルのドレスが気になりすぎて試着会に行ってきました。いっぱい着せてくれて、アクセサリーやヘアスタイルもセットしてくれて、いっぱい写真撮ってもらえて嬉しかった♪オリジナルドレスの参考にするつもりでしたが、ジルスチュアートがあまりにもかわいすぎて、これ以上のものを作れるのか自信なくなってきました^^;
ジルらしいキュートでアンティークなドレスが素敵すぎる!
ジルスチュアートのウェディングドレスの口コミを見ると「名前で売ってるだけ」という人も結構いますが、私はそうではないと思っています。実際にジルのドレスを試着しましたが、他のドレスにはないビーズ使いやアンティークな雰囲気がとてもジルらしくてすごく素敵。ドレス自体は平均30万くらいです。相場で考えたら少し高いかもしれないけど、あのクラスのブランドものでは平均的だと思いました。私の隣で試着していた女の子が、マネキンが着ているジルのドレスを見て、「ジルのドレスがかわいすぎて、あれを見たら10万円台とかのドレスが全部しょぼく見える!」と言っていて、隣で「わかるわかる」とうなずいてしまいました(笑)

Posted in 花嫁 | Leave a comment

美しいイメージ

結婚の日は、一切は美しいイメージです。お嫁さんのウエディングドレスの以外もいろいろがあります。どんなイメージが一番あなたに似合うですか。次のタイプ皆一緒参考してください。
華やかゴージャス

思い切っておでこを出し、それに負けないラインの効いた強めのメイクで決めて。存在感のある大きさのヘアアクセをフェイスラインに沿わせるように前につけるのがポイント。
肌のベースメイク 「いかにも」キメキメな厚塗りはNG。ハーフマットで、メリハリや陰影をしっかり作りこんだ陶器のような肌に。ラメでキラキラ感をプラスして、より華やかに
眉 目の強さに負けない強めの眉でカッコよく。髪と瞳の色に近い濃いめの色で、ペンシルで仕上げるイメージ
アイメイク アイラインは強めに。目ヂカラは大事!
カーキ、ブラウンゴールド、パープルなど存在感のある濃いめの色が似合う
口元 目ヂカラ勝負なので、口元はリップのつや感のみ。質感重視で自然に仕上げて
おすすめヘアスタイル おでこを出して、顔のパーツを強調するのがおすすめ。高さや後ろにボリュームを出して。カールはゆるめよりも、細かめの方が華やかさアップ
おすすめヘアアイテム 生花やコサージュなど大きめワンポイントを。顔の前の方につけるとインパクト大。クラウンで華麗ゴージャス感をアップしても
避けたいアレンジ 小花を散らしたり、小さなヘアアクセを使うとおとなしい印象に。ボリュームやカールの出しすぎは花嫁らしさを損なって挙式には向かない。はじけたヘアはパーティ向き

Posted in 花嫁 | Leave a comment

結婚式の服装選びコツ

結婚式がホテルや結婚式場でしか行われなかった時代は今や昔。ゲストハウスやレストランなどでも数多く行われるようになった現在は、結婚式の雰囲気も格式のあるものからカジュアルなものまで千差万別。それに伴い、結婚式のお呼ばれ服の基準も変わってきたように思います。
結婚式の服装選びコツ

冠婚葬祭のマナーブックなどを見ると、女性の服装についての注意点がいろいろと書いてありますが、現実にはあまり即していないような…。曰く、日中はきらきらしたアクセサリーはNGとか、バッグは表皮かスエードのもの、靴も表皮かスエードのパンプスとサンダルはダメなどなど。正装のルールを説明しているわけですから、間違いはないのですが、こうしたルールをしっかり守っているのは若い人の中には少ないのではないでしょうか。

とはいえ、昔から不変のルールがひとつだけあります。それは、花嫁よりも目立ち過ぎてはいけないということ。結婚式の主役はあくまでも花嫁ですからね。もちろん、花嫁の色である白色の服装は避けなくてはなりません。これだけは必ず守りたいもの。

でも、だからといって地味にしていけばいいというものでもありません。花嫁の友人は結婚式に花を添える存在。花嫁よりは控えめに、それでいて、周りの人たちからは「オッ、きれいだな、華やかだな」と思わせるような服装をしたいもの。自分のおしゃれセンスの集大成を見せるのが、結婚式のお呼ばれ服といえるかもしれません。

キャミソールドレスはOK!
さて、それではここからは、個々のお呼ばれドレスについて、OKかNGか見ていくことにしましょう。まずは、キャミソールドレス。背中の開きが腰骨のあたりまであるとか、胸の谷間がものすごく深いとか、ご年配の殿方が「目のやり場に困る!」というほどの露出度の高いものでなければOKだと思います。

ただし、格式の高い挙式場では、露出度の高い服装がNGとなる場合もありますので、上から羽織るものは必ず持参すること。これからの季節、会場の冷房が効き過ぎているということもありますので、羽織ものは必須といえますね。

今年は、ドレスにレギンスを合わせるスタイルも流行っていますが、これはどうでしょう?ホテルなど格式の高い会場ではNG、カジュアルな会場ならギリギリOKといったところでしょうか。女性にとっては「おしゃれ」と映るレギンスとの組み合わせですが、年配の方や男性陣にとっては「なんでモモヒキはいてるの?」といぶかしく思うケースもあるようで…。通常の披露宴ではレギンスをはくのは、やめたほうが無難といえそうです。

ハイヒールなら生脚もOK
これからの季節はストッキングを履かない人も増えます。で、結婚式に生脚で行ってもいいかというと、これはケース・バイ・ケースといったところ。個人的には、お手入れの行き届いた脚にハイヒールというのなら、あまり問題はないような気がします。

ポイントはお手入れの行き届いた脚であること。ガサガサだったり、虫に食われたあとがいっぱいだったり、見た目イマイチの脚ならストッキングでカバーしたほうが無難でしょう。また、靴も重要。トングタイプのサンダルなどあまりにカジュアルな雰囲気のものはやはり避けたほうがいいと思います。バックストラップやオープントウのパンプスあたりがおすすめ。ミュールならつま先が見えないものを。

ドレッシーなワイドパンツならOK
女性のパンツスタイルなんて!」と非難する人が果たして今の世の中にいるのかどうか、ちょっとわかりかねますが、お堅い会社では未だにパンツスタイル禁止のところもあるよう。で、結婚式のパンツスタイルは?というと、会場とそのパンツの雰囲気に左右されるのではないでしょうか。

結婚式の服装
会場の雰囲気に合わせることもポイント
シルクやシフォンなどの柔らかな素材でスカート風にも見えるドレッシーなワイドパンツなら、お堅い結婚式を除けばOKだと思います。クロップドパンツやハーフパンツ、スキニーパンツはトップスにドレッシーなものを合わせるのなら、カジュアルな結婚式に限りOK。

一方、きちんと見えるからといって、ビジネスシーンに着ていくようなかちっとしたパンツスーツは、どんな結婚式でもNG。やはり結婚式の装いには華やかさが必要だと思います。

基本的にデニムはNG

現代人のファッションには欠かせない存在のデニム。ドレッシーなブラウスやクラス感のあるアクセサリーときれいめジーンズの組み合わせは、パーティウエアとしても十分通用しますが、結婚式となると話は別。やはりカジュアル感は否めませんので、NGだと思います。

せいぜい通用するのは、二次会といったところ。その際も、できるだけフェミニン、ドレッシーな雰囲気になるように心がけましょう。

マナーは時代とともに変わっていくもの

いままで述べてきたのは、あくまでも私が現在の結婚式に出席して、「これぐらいならいいんじゃない?」と思った実感値といったもの。ですから、「生脚なんてとんでもない!マナー違反よ!」という方も、当然いらっしゃると思います。

私はマナーは時代とともに変わっていくもの、と考えています。時代にあわせて、以前はマナー違反だったものが許容されていくこともあるのではないでしょうか。マナーに縛られてがちがちになるのではなく、マナーを知ったうえで、その時々の事情に合わせて自分でアレンジしていくのが、大人の女性のあり方。

とはいえ、あまり独りよがりになるのは考えもの。マナーの基本は他人を不快にさせないことです。周りの意見も聞きながら、おしゃれとマナーの両立を図ってみてはいかがでしょう。

Posted in ドレス | Leave a comment

ウェディングドレスの選び

綺麗なウェディングドレスを着て幸せな花嫁になるのは全ての女の子の夢でしょね。

人生で最も輝く日のために最もキレイなワタシを残したいですよね。そのために、まずは自分のなりたいイメージや、体系から似合うドレスを勉強しておきましょう。
ウェディングドレスの選び
一般的に、5ヶ月前までドレス探しを開始。3ヶ月前ドレスを決定。2ヶ月前小物や下着を決定。
1週間前持ち込みの場合は、到着日時や場所を確認。

ウェディングドレスのラインが様々あり、自分に合うドレスを探そう。

ナチュラルクール系のスレンダー
ボディラインがきれいに見える細身のシルエットなので、スタイリッシュな大人の女性を演出してくれます。パニエをつけないので身動きも自由にとれますよ。ノッポ、スリムな人に合う。

シックエレガントなマーメイド
スレンダーラインをベースに膝下から人魚の尾ひれのように広がりを見せる。デザインによってシックにもゴージャスにもなります。

エレガントなAライン
トップはキュッと細く、裾に向って「A」の文字のように広がりを見せるシルエット。上品で落ち着いた印象を与えてくれます。

ロマンチックゴージャスなプリンセス
最も親しまれているのがこのシルエット。腰からふわりと広がるスカートは可憐でとても華やかな印象を与えてくれます。

キュートなミニドレス

裾が膝上、もしくはふくはらぎまでと短い丈なので、キュートで明るく元気な印象を与えてくれます。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

イブニングドレス

イブニングドレスは18世紀西欧宮廷衣装の伝統をひき,19世紀半ばに長いトレーン(ひき裾)やさまざまな装飾を加えて華やかにした夜会服。男性の燕尾服も含まれるが,一般には女性用をいう。晩餐会,観劇,音楽会などに着用される。1920年代の西欧で女性が職場,スポーツ,社交に進出し始め,実用的な昼間の服装に対し,夕方から夜にかけての服装に優雅さが求められるようになった。サテン,ベルベットなど光沢のある布や上質の布を用い,デザインは時代の流行やデザイナーの創作によるが,伝統的には襟や背を大きく開け,袖なしで床までかそれより長い着丈に,リボン,レース,ししゅう,金銀,宝石,スパングル,羽毛,毛皮などで豪華さを出す。

現在、ユーロッパなどの国では、女の子は高校生になると、パーティーへ行く機会が多くなります。
だからこそ、一着インブニングドレスが必要です。

美人でも、綺麗な服装が必要です。パーティーへ行くなら、ドレスを着ていくのはマナー。セレブを手本、パーティーファッションを学ぶ!


歩くたびにふわりと揺れるドレスは、まるで大輪の花のようなエレガンスさをアピール。フレア&ティアードという甘くなりすぎなドレススタイルも、さわやかなブルーカラーで、ガーリーでありつつもシックに演出しています。軽やかな素材で出来たクチュールライクなティアードドレスは、胸下で切りかえされているので、上下にメリハリを持たせ、バランスの良い体型に。チューブトップ系のスタイルは肌の露出度が高くなりすぎないよう注意しましょう。

Posted in ドレス | Leave a comment

イブニングドレスの特徴

イブニングドレスは、女性用の礼装服で、午後6時以降に催されるパーティーなどに着用します。その時間帯のパーティーは、お肌を見せるドレスが正装とされているため、袖がなく、胸や背中が大きく開き、裾が長くなったものが一般的とされています。素材は、レースやサテンといった素材を使い、まさに女性らしさを強調するドレスといえるでしょう。 宝石やアクセサリーを合わせることで、一段とゴージャスに着こなすのが正式とされています。 当然のことですが、お昼にイブニングドレスを着用されるのはNGです。昼間に着用するドレスは、「アフタヌーンドレス」と呼ばれ、胸元や襟元が詰まったフォーマルなものになっています。

Posted in ドレス | Leave a comment

結婚式ドレスのNG集

結婚式に出席する際には、衣装に関しても守るべきマナーが幾つかあります。

そこで、今回は結婚式ドレス、基本的なNGポイントを紹介します。

・白は絶対ダメ!
白は花嫁だけが身に付けるものですすか、白やオフホワイト一色のパーティードレスは絶対に避けましょう。
結婚式の主役は新郎新婦です、二人よりも目立つ衣装も絶対NGです。
・黒一色も絶対ダメ!
黒はフォーマルカラーなので、つい着たくなるかもしれませんが、結婚式で黒を着るのは基本的に親族のみです。
また黒は忌色でもあるので、避けたほうが無難ですね。
結婚式を華やかに演出するためにも、黒は避けるようにしましょう。
・露出し過ぎは下品!
パーティードレスと言うと、ノースリーブやベアタイプのものが非常に多いです。
華やかに見える一方、露出のし過ぎで下品に見えてしまうことも。
結婚式にはご年配の方も出席しますから、衣装の清潔感と上品さは必須です。
露出の激しいパーティードレスを着用する場合は、上に羽織るものを用意しましょう。
・生足は厳禁!
基本、カラータイツや網タイツ、生足はNGです。
フォーマルな場ではナチュラル系のストッキングを身に着けましょう。
靴も出来ればつま先のあるヒール付きパンプスが望ましいです。
ミュールだと年配の方には「つっかけ」に見えるので好ましくないです。

大切な友人の結婚式、偶然の出会いがあるかもしれない。

本気でマナーに沿うドレスを選びましょう。

Posted in Uncategorized | Leave a comment